忙しい社会人のあなたが運動を習慣化するための5つのコツ

日々仕事や家事育児に忙しい社会人にとって、継続して運動をすることって難しいですよね。

健康によくダイエットになったりと体によいことは分かっているけど、中々続けられない…ついつい三日坊主。

何を隠そう、私自身もランニングや水泳を継続しようとして何度も挫折した経験があるので気持ちはよくわかります。

そんな運動の習慣化の挫折経験のある私ですが、ここ3年位は週に最低2日運動をすることができています。

今回はそんな私の経験や知見を含めて、「忙しい社会人がどうやったら運動を習慣づけ日々の生活に取り込んでいけるのか」をまとめお伝えします。

運動がなかなか続けられない…というあなたの参考に少しでもなればと思います。

忙しい社会人が運動を習慣化するための5つのコツ

1. 自分が楽しいと思える運動をしよう

運動を継続させたいと思ったら、まず第一に自分が楽しいと思える運動をしましょう。

ただでさえ忙しい人が運動をするためには、それなりのインセンティブが必要です。

楽しい運動をするのであれば自然と自分でもその時間を捻出確保するようになりますし、継続化できる可能性が高まります。

私ごとにはなりますが、私はここ3年以上テニスを週に2〜3回はするような生活をしています。

これは何故か。やっぱりテニスが楽しいからなんですよね。

テニスが楽しいから、他の趣味を差し置いてもやりたいと思う。

その結果、忙しい中でも時間をやりくりしてなんとしてもやろうとする。

そして、運動が習慣づいていくという感じです。

一方で、 私が過去に運動(ランニングや水泳)を習慣化しようとして失敗した時は、大抵その運動を楽しめていないというパターンでした。

別に楽しくないからやる気でない、健康にいいのもわかるけど面倒だから今日はいいや、雨が降ってきたから今日はやめよう。

つまらない運動が続かない理由をあげるのはいくらでもできます。

なので、あなたが運動を習慣づけたいと考えているのであればまず自分が楽しいと思える運動をしましょう。

2. 雨の日でもできる運動をしよう

運動を習慣化することを目的とした場合、雨の日でもできる運動をチョイスするというのは以外と大事です。

あなたにもこんな経験ありませんか?

ジョギングなら特に準備もいらないし、明日からジョギングしよう。よし明日から頑張るぞ!

翌朝… 見事な雨。あなたの運動に燃えていたやる気も雨と一緒に流されていく。

雨の中でも走り出してしまうような人であれば、運動の習慣化は間違いなくできると思いますが、普通はそうでないですよね。

なので、運動を習慣化したいと考えるのであれば、雨の日でもできる運動をしましょう。

例えば同じランニングにしても、スポーツジムにあるルームランナーを利用したり、そういった器具を自宅に購入してしようするなど、どんな天候でも運動ができるようにする工夫をしましょう。

3. 運動の結果を記録しよう

運動を習慣化したいと考えた場合、その成果を記録しておくことは非常に有効です。

運動した日をカレンダーに丸つけるだけでもいいですし、ダイエット目的であれば、運動した日と体重を記録していくのもいいでしょう。

運動したことを記録していくことが一度習慣化されてしまえば、その数値が増えたり、改善していくことがまたひとつ運動の楽しみ要素になってくれます。

また、フェイスブックやツイッターなどのSNSを利用して運動していることを公言・記録するのもよいでしょう。

自分以外の人に運動を続けることを一度公言することで、嘘はつけない状況になって運動をしなければと考え行動することができます。

4. 運動を一緒にする仲間をつくろう

自分のする運動と同じ運動をする仲間を作りましょう。

一人で何か運動をするのも楽しいですが、やはり同じ運動をする仲間がいた方が色々と楽しむことができます。

自分がやっているスポーツの情報交換をしたり、一緒に練習をしたり、そのスポーツとは全然関係のない雑談をしたりと、運動仲間をつくるのには楽しい要素がいっぱいあります。

運動仲間ができるとよりその運動、スポーツを楽しむことができるようになるため、前述の「自分の楽しいと思える運動をする」の効果が大きく増し、より運動を続けやすくなります。

私も現在、テニスをすることが習慣として完全に自分の中で定着していますが、この「運動仲間を作る」というのがテニスを続けることに相当貢献してくれています。

テニス仲間がいるからやっぱりテニスは楽しくできるし、そのテニス仲間との会話や飲み会などの交流があるから楽しく運動が続けられる。

運動が楽しいのか、その仲間との交流が楽しいのか、もう今ではどちらが先行しているのかわからない感じもありますが、とにかく同じ運動をする仲間をつくるというのはいいものですよ。

5. 定期的に大会等のイベントに参加する

定期的に大会などのイベントに参加するようにすると、一度始めた運動をさらに継続しやすくなります。

大会などのイベント参加が決まれば、それに向けて練習をするようになりますし、順位等がつくのであれば、それを目標にモチベーションも大きく上げることができます。

なので、運動を継続したいと考えるのなら大会などの運動のイベントに参加するようにしましょう。

ランニングならマラソン大会、サッカーや野球なら草大会、探せば社会人向けの大会もたくさん見つかります。

それらを目標にして是非運動を楽しんでみてください。

いずれのスポーツにおいても、初心者向けの大会・イベントというのはあるものですから、そういったものから参加することをお勧めします。

まとめ

忙しい社会人が運動を習慣化させるためのコツ5つをまとめると、下記のようになります。

  1. 自分が楽しいと心から思える運動をする
  2. 天候に左右されない運動(スポーツ)を選ぶ
  3. 運動した記録をつける
  4. スポーツ仲間をつくる
  5. 定期的にイベント(大会)に参加する

これらのポイントを押さえて、運動を習慣化させてみてください!

なお、私の個人的おすすめは俄然「テニス」です。

別ブログにはなりますが、「テニスの始め方についての記事」も書いているので、是非そちらも読んでみてください。

関連記事:社会人がテニスを始めるための方法について経験者が説明・紹介します。【初心者向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です