凪のお暇 5巻-凪バイト開始・慎二に新恋人候補登場【ネタバレ感想】

凪のお暇5巻

凪のお暇5巻を読んだ感想を書きました。

ネタバレを多分に含むので、それでも大丈夫という方はお進みくださいませ。

凪のお暇5巻-ネタバレありの感想

1. スナックバブルで働き始める凪の成長

凪のお暇5巻を読んでいてまず刺さったのがスナックバブルのママの凪に対する言葉。

あんた人に興味ないのかと思ってたよ
いや違うか
正しくは好きな人にしか興味ないっていうか

凪のお暇5巻 P42

この言葉を言われて、図星であると動揺する凪。

読んでて自分も耳が非常に痛かったです。

今でこそ私も凪が5巻で努力していったように、周りの人と会話を楽しもうという態度である程度生きてますが、「人に興味ない」っていうのはすごい感覚がわかります。

見事に凪もその通りで、「この人と喋っても有益じゃないし…」なんていう考えを持っていたり。

めっちゃ分かると思いながら読んでしまいました。

こういうのが「わかりみが深い」っていうのかなんて考えてしまいました。

そして、この「人に興味ないけど、自分には興味を持って欲しい」という態度をすぐに改めようと頑張る凪はやっぱりなんだか応援したくなってしまうなと。

5巻の帯には人生リセットコメディと書いてありましたが、人生を努力で好転させていくコメディ漫画なんじゃないかと思ってしまいました。

この人との関わりあい以外の部分でも、「自分の得意が他人の不得意分野にかぶってれば、その行動には価値がある可能性がある」など、人生を生きる上での教訓というかアイデア的なものが至る所に散りばめられているのがまた読んでいて面白いですよね。

2. 慎二の優しさと…

2-1. 慎二と凪

慎二の不器用さがこの5巻でも大爆発する訳ですが、凪に対人アドバイスをしたかと思えば、最後は凪にセクハラをするという。

慎二は凪に対する口の悪さとすぐ手を出す習性をなんとかすればキャラとしても好きになれるんですけどね。

凪に対する態度が大体において悪いので好きになれませんが、育ってきた環境が影響しているのか(3巻参照)どうなのやら。

慎二の実家の話が今後また本編に絡んでくるとしたら、それはそれででかい話になる気がしますが、なんとも言えない感じですね。

2-2. 慎二と後輩市川

読んでて思いましたが、もう慎二と市川が普通にくっついてしまえば万事解決な気がするんですよね。

凪と慎二はどう転んでもうまくいかないはずなので(慎二が過去のトラウマを払拭するなどの大イベントがない限り)市川とうまくいって欲しいです。

5巻のP146に嵐の予感と書かれているけど、いっそそのままお幸せにといった感じで、凪にはまた全然別の男性とうまくいって欲しいなと思います。

3. 凪のお暇の今後の展開について予想

5巻後半でちらっとゴンさんが出てきて、凪に対する恋愛感情的なものを感じていましたが、ゴンさんはゴンさんでまた個別に幸せになって頂ければなと。

でも5巻のゴンさんの反応からして、もう一度ゴンさんが凪に対して恋愛感情を認めた上でアプローチしてくる展開が普通にあると思うんですよね。

直近は凪の母親の上京がメインの課題(ストーリー)になると思いますが、ゴンさんとの再恋模様で1巻くらいは話が使われるんじゃないかなと思います。

そして、そこに市川と付き合い始めたけど凪が気になる慎二がちょっかいを出してきて…。みたいな展開になると予想。

凪のお暇は王道少女漫画の道をいく作品でないので、違う展開になる可能性も大いにありますが、まだまだ続きの気になる要素が沢山あります。

おわりに

ストーリーの続きがまだまだ気になる凪のお暇ですが、6巻の発売日は2019年9月13日予定です。(凪のお暇出版の秋田書店公式サイト情報)

もうひと月程度で発売されるので、それまでは前の巻を読み返したりしてのんびりと待つことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です