REXカードを2年以上使ってのレビュー【メリット・デメリット】

rexカード

REXカードを約2年以上実際に使ってみてわかったそのメリットとデメリットについて書きまとめました。

これからREXカードやクレジットカードをつくろうか考えている人のご参考になれば幸いです。

年会費無料、常時還元率1.25%以上の最強クレジットカードREXカードについて紹介していきます。

1. REXカードを実際に使ってわかったそのメリット

1-1. 還元率が常時1.25%しかも年会費無料

REXカード最大のメリットは何といっても、その還元率が常時1.25%以上というポイントにあります。

一般的なクレジットカードですと、その還元率は0.5%〜1.0%というところですが、REXカードは何もしなくても1.25%、後述する還元率アップの方法をとれば1.75%という高還元率で利用することも可能です。

私も以前還元率0.5%のクレジットカードを利用していた時期があるのですが、それと比べてREXカードは本当によくポイントがたまってくれます。

0.5%と1.25%を比べれれば2.5倍ですからあたりまえと言ってしまえばあたりまえなのですが。

そして、年会費も無料ということで所持するデメリットがないのも大きなポイントですね。

1-2. JACCSモールを使えばネットショッピング+0.5%

JACCSモール トップページ

JACCSモールというインターネットサイトを経由して各種ネットショッピングサイトを利用することで、1.25%に更なる還元率をプラスすることができます。

例えばamazonや楽天といった大手ネットショップをJACCSモール経由で利用すれば、1.25%+0.5%=1.25%の還元率で利用することができます。

このプラスされる還元率はネットショップによっても違いますし、その時期(キャンペーン)によっても左右されます。

なので、ネットショッピングをよく利用するという人はその内容(ショップごとの還元率)だけでもチェックしてみるといいでしょう。

1-3. 実店舗の買い物でも+0.5%

JACCSモール 街でためる

また、JACCSモール経由でREXカードを使用する際、ネットショップだけでなく、実店舗での買い物でも+0.5%の還元をうけることができます。

実店舗でポイントを上乗せさせる場合には、JACCSモールの「街でためる」にて事前エントリーをする必要がありますが、そのエントリーもクリック数回で簡単に終わるので全く手間はかかりません。

REXカードの「街でためる」が使える有名な代表的店舗としては、下記のようなお店があります。

  • サンドラッグ
  • ドン・キホーテ
  • ジョーシン
  • ダイレックス
  • コナカ

これはほんの一例にしか過ぎないので、詳しく知りたいという方はJACCSモール公式HPをチェックしてみてくださいね。

1-4. たまったポイントがめちゃくちゃ使いやすい

REXカードの大きなメリットとして、たまったポイントをそのまま利用明細額から値引きできて使いやすいというのが挙げられます。

上記画像がREXカードでためたポイントを利用した際の明細部分になるのですが、1,500円分のたまったポイントを使って3,311円の利用額から直接値引きしています。

一般的なクレジットカードだと、溜まったポイントを利用範囲の限られた特定のポイントに変換したりだとか、ギフトカード等に交換すると思います。

REXカードでは、そういった利用用途の限られたポイントやギフトカード等に交換するのでなく、直接現金値引きという感じでポイントが使えるんです。

なので、ポイントの使い残しや使い道に困るといった事態に陥らなくていいんです。

これは他のクレジットカードにはなかなかないメリットと言えるはずです。

1-5. ETCカードも無料で作れる(もちろん1.25%還元)

REXカードを作る際にETCカードをあわせて(無料で)つくることもできます。

クレジットカード本体は年会費無料だけどETCカードは年会費有料なんていうカードもあるので、その点でもREXカードは優れていると言えます。

車を使った旅行ともなれば高速道路で一回あたり往復で1万円を超えるなんていうことも普通にありますから、その利用料金に対して1.25%のポイント還元は本当に大きいですよね。

1-6. Apple PayやGoogle Payと連携でQUICPay利用できる

REXカード単体ではQUICPayが利用できないのですが、Apple PayやGoogle Payと連携させることでREXカードでもQUICPayの支払いができるようになります。

これにどんなメリットがあるかと言われれば、QUICPay利用をすることでサイン(暗証番号入力)をしなければいけない店の支払いが楽になるという点にあります。

QUICPayで支払いができれば、その支払いスピードはかなり早くなりますからね。

サインが面倒でクレジットカードを使うことをためらう場面でも、QUICPayなら気軽に利用することができます。

関連記事:REXカードはApple Payを使えばQUICPayが使える【便利な上お得なキャンペーンも】

2. REXカードのデメリット

2-1. 楽天やamazonのヘビーユーザーなら別カードを使った方がいい

REXカードのデメリットをあえて挙げるとすれば、楽天やamazonのヘビーユーザーの人は別カードを利用した方が良いということが挙げられます。

もしあなたが楽天のヘビーユーザーなのであれば、楽天カードを利用した方がポイントが貯まりやすいですし、amazonヘビーユーザーなのであればOrico Card THE POINTなどを利用した方がポイントは貯めやすいです。

とはいえ、REXカードの1.25%還元率はその利用のしやすさ、どこの店でもこう還元率にありますから、日常使いのクレジットカードとしては現状最強クラスと言えるはずです。

2-2. REXカード単体でQUICPayが利用できない

REXカード単体ではQUICPayが利用できないというのもちょっとしたデメリットではあります。

とはいえ、今ではおサイフケータイ(Apple PayやGoogle Pay)に対応したスマートフォンの割合もかなり高くなっているので、すでにそういったスマートフォンを利用されている人にとっては特にデメリットにはなりませんね。

まとめ

REXカードを2年以上利用してわかったメリットをまとめると下記のようになります。

  • 還元率が常時1.25%以上
  • ネットショップやリアル店舗で+0.5%(トータル1.75%還元率で買い物できる)
  • 溜まったポイントは請求額から値引きされるので、使い道に困らない
  • ETCカードも無料
  • スマホと連携でQUICPayも使える

高還元率かつ、年会費無料、そのトータルの使いやすさを考えたらREXカードは最強クラスの節約クレジットカードといってまず間違いありません。

これまでクレジットカードを使っていなかったという人はもちろん、すでにクレジットカードを使っているよという人にとっても、REXカードはお得度MAXなカードなのでぜひ使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です